海外FX会社比較ランキングと海外FXボーナスキャンペーン情報 ajaxdaddy.com

【海外FX業者紹介】海外FXおすすめ比較ランキング&お得な海外FXボーナスキャンペン情報!入金不要(未入金ノーデポジット)新規FX口座開設ボーナス,100%以上証拠金が倍以上になる入金ボーナス実施の海外FX会社の紹介!トレード毎に受け取れるトレードボーナス実施の海外FX業者の案内!XMTRADING,GEMFOREX,IS6,BIGBOSS等!MT4のEA自動売買やミラートレードを使ったシステムトレードの検証も準備中!

海外FX

国内FX業者を使わないのには理由がある

投稿日:

国内FX業者を使わないのには理由がある

FXを行う場合には、多くの人が国内のFX会社を利用していますがこれには特別な理由はなくたいていの場合日本語で書かれているからといった内容になるでしょう。また、日本国内の会社の方が安心できるといった部分もありますがかといってそれらが決定的な理由とは思えません。それよりも、海外のFX会社を使った方がメリットが大きいことを理解しておきましょう。

まず、日本国内のFX会社の特徴は、公正なレートになっていないところが多いです。例えば、変動が激しい時には売りと買いの差がものすごい時も少なくありません。そうすると、良いタイミングで購入したり売却したとしても、あまり得しないことになります。ところが海外の方は、NDD方式による公正なレートが実現されていますのでこれを利用しない手はないでしょう。つまり、変動が激しい時でもFX会社の都合で売りと買いが大きくかけ離れたりすることはまずありません。そのような意味においては、顧客に対してしっかりと対応してくれる安心できる業者が多いといえます。

二つ目は、国内の場合には追証があるため下手に暴落した時に大変な損害を背負ってしまう可能性があることです。一昔前にスイスフランが大暴落した時、強制ロスカットに設定して置いた数値に反応せずそのまま下まで下がってしまったことがあります。そうすると、本来ならば一定のラインに来たところで退場になるはずですが退場にならなかったため大幅な借金を背負った人が多かったです。これは、突然大きく動いた時AIの方でも十分に対応しきれていないといえるでしょう。このようなときには、大きな借金を背負ってしまう可能性があるためリスクが大きすぎます。特に、クロス円で行うときにはこのような傾向が考えられます。ですが海外の場合には、追証のないゼロカットシステムになりますので、仮に設定した数値を通り越してきたまで下がってしまった場合でも設定した数値の範囲内でお金を払えば問題ありません。ですがこの場合、会社の方が倒産してしまう危険もあります。よほど小さな会社でなければそのようなことはありませんが、いずれにしても顧客にやさしい仕組みの一つと言えるでしょう。

海外FX業者はハイレバレッジ設定が可能

最後は、高いレバレッジ設定が可能な点です。日本の国会では、2018年の段階でレバレッジを25倍から10倍まで下げる話しが進んでいます。2019年度をさらに話しが進められ近い将来レバレッジが10倍に落ちてしまうことが十分考えられるわけです。この場合問題があるとすれば、長期と連動している人になります。長期トレードをする場合25倍で設定していたならば特にロスカットされなかったのに、10倍になってしまった瞬間一斉にロスカットされることが考えられるわけです。そもそも、わざわざ10倍に落とす理由は一部の会社を優遇するだけの話しになりますので、だれも納得できないところでしょう。一方で海外の場合には高いレバレッジ設定が可能になりますので、25倍以上のトレードをしても特に問題はないです。

-海外FX

Copyright© 海外FX会社比較ランキングと海外FXボーナスキャンペーン情報 ajaxdaddy.com , 2019 All Rights Reserved.